【CoD:MW】新モードDemolitionのルール説明と攻略方法
スポンサーリンク

ルール

blank

攻撃側

防衛側にある2つの爆弾を破壊することで勝利

防衛側

マッチ終了まで1つの爆弾を防衛することで勝利

Demolitionはリスポーン可能なSearch and Destroyと思っていただいたらいいと思います。しかし、Search and Destroyとは異なる点があります。それは、攻撃プレイヤーは常に爆弾をもってスポーンし、ディフューズではラウンドは終了しません。

ラウンドに勝つには

ラウンドに勝つには2つの方法があります。

1.攻撃チームとして、タイマーが終了する前に敵の爆弾を2つ破壊します。1つの爆弾を爆破したら、タイマーの時間が少し長くなります。そしてすべて破壊出来たら、攻撃側の勝利となります。

2.防衛チームは、タイマー終了まで少なくとも1つの爆弾を保護します。爆弾が仕掛けられるとタイマーが一時停止します。したがって、防衛チームはマッチタイマーを進めるため、いち早く爆弾を解除することが先決です。

オーバータイムのルール

2ラウンド勝利したチームの勝利になります。もし、両方のチームが勝った場合はオーバータイムに入ります。

オーバータイムでは両方のチーム、全員爆弾を持ってスポーンします。そして、両チームの真ん中にある爆弾をいち早く破壊した方の勝利となります。

お互い爆弾設置と爆弾解除ができるので、どれだけ敵を早く殲滅できるかがカギになりそうですね

スポンサーリンク

攻略

Demolitionでは打ち合いよりも立ち回りが重要になります。攻撃や、防衛するときのポジションを常に確認し、最適解を見つけましょう。

攻撃チーム

攻撃側では、プレイヤーを分割して両方の爆弾を同時に墓石に行くか、全員で片方の爆弾を破壊するか、決めることが出来ます。

分割して攻めると、一方の爆弾に敵が寄るので、もう一方の爆弾に余裕をもってプラントが出来るでしょう。
全員で1つの爆弾を攻めると、敵チームを素早く倒すことが出来ます。そして、味方のカバーをもらいながらプラントできるので、より安全に爆弾を破壊できるでしょう。

防衛チーム

防衛側では、1つの爆弾を全プレイヤーで守ることはめったにありません。なので、防衛側は、2つの爆弾に分かれ、攻撃側からの射線を警戒しつつ、正面での打ち合いに撃ち勝つ以外にありません。

各マップでの攻略情報

Rust

攻撃側はまず、Bの爆弾を破壊することをお勧めします。Aの爆弾の周りにはあまり遮蔽物がありません。なので、先に簡単に爆破が可能であろう、Bを破壊してAに集中することが先決だと思います。

Hackney Yard

このマップの爆弾はどちらも狭い場所に置いてあるので、CQBと手榴弾をもってくるのをお勧めします。トラッカーを使用して足跡をみつけ、そこに手榴弾などを投げるのが良いかと思います。

Shoot House

シュートハウスの爆弾は北西と南西にあります。なので、東側から回り込むことで、敵の裏を取れる可能性があります。是非検討して見てください!

あなたへオススメ
おすすめ記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事