【Call of Duty 2020】開発者用アルファ「The Red Door」を発見!?Warzoneやゾンビモードも登場!?
スポンサーリンク

The Red Door

PlayStation Databaseのサイトによると、Call of Duty 2020の開発者用アルファは「The Red Door」と呼ばれているようです。

blank

いろいろな噂が飛び交う中、今回の情報には注目していきたいところです。

ファイルコードは「COD2020INTALPHA」であるため、次回作のCall of Duty 2020を示していることが確認できます。

CoDTrackerによる The Red Door alphaのアイコンはこのように公開されています。

Warzoneやゾンビモードも登場?

引用元:https://modernwarzone.com/cod-2020-leaks/cod-2020-revealed-via-the-red-door-game-on-psn-database

71.4ギガバイトというのが最終のゲームサイズになるかは不明ですが、こちらのThe Red Doorは今年の5月に公開され、すでに3回パッチが当てられています。

この登録ファイルの詳細は「Call of Duty : Modern Warfare」のファイルとそっくりなため、このファイルは「Call of Duty 2020」である可能性は濃厚です。

さらに、このデータを実際にダウンロードして、マイニングしたというリーク情報の元によると、データ内に以下のような略語が見つかったそうです。

  • MP:マルチプレイヤー
  • ZM:ゾンビモード
  • WZ:ウォーゾーン
  • CP:キャンペーン
  • WZZM:ウォーゾーン・ゾンビモード

これらの略語がマルチプレイヤーなどに当たるとは、まだわかりませんが、可能性はこれらの略語がマルチプレイヤーなどに当たるとは、まだわかりませんが、可能性は十分にあり得ます。

今後のCoD2020の最新情報をお楽しみに!

あなたへオススメ
おすすめ記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事